体の至る所に起こる様々な症状についてわかりやすく説明します。

赤ちゃんのおむつかぶれ・赤い発疹やただれを防ぐには?

赤ちゃん おむつかぶれ

赤ちゃんのおむつかぶれ・赤い発疹やただれを防ぐには?赤ちゃんの「おむつかぶれ」は、おむつが接触する部分だけに赤く炎症が起こったり、ブツブツとした発疹ができたりするもの。ただれを起こすと触れるだけでかなり痛がります。さらに悪化してしまうと、真っ赤に腫れ上がったり、ジュクジュクとして、終いにはかさぶたができることも珍しくありません。

 

赤ちゃんのおむつかぶれをそのまま放置しておいたり、不適切な薬を使用したりすると、さらに悪化して「カンジダ性皮膚炎」に移行することもあるため、早めの手当てが必要です。

Sponsored Link


 

赤ちゃんのおむつかぶれの原因は?

赤ちゃんの肌は薄くて非常にデリケートですが、その理由は、皮膚の真皮の厚さが大人の約3分の1~2分の1程度しかないためです。また、皮脂の分泌量も少ないため、肌のバリア機能も弱く、外からの刺激には非常に弱い状態にあります。

 

加えて、汗やおしっこなどで常におむつの中が湿っぽいことで蒸れたりするなど、肌への悪条件がいろいろと揃っています。このような状況下で、おむつにたまったおしっこから発生するアンモニアや、うんちに含まれる酵素などが肌を刺激し続けると、炎症を引き起こしておむつかぶれとなって現れて来るのです。

 
赤ちゃん
 
とくに便の中に含まれる酵素が、皮膚のたんぱく質や脂肪分を溶かすことで肌にダメージを与えますので、長時間うんちが付いた状態を放置しておくことはできません。さらに、おむつの繊維やゴム、合成樹脂の他、洗剤やベビーパウダー、カビなどが赤ちゃんの肌を刺激することが原因となり、おむつかぶれに繋がっていることも問題です。

 

赤ちゃんのおむつかぶれを防ぐには?

まず、何はともあれ、おむつの交換をマメに行うことが大切です。おむつかぶれ防止の基本は、赤ちゃんのおしりを常に清潔に保ち、乾かしておくことです。ただし、汚れなどを拭き取る際は、決して強くこすらないようにするこも重要です。

 

健康な肌であれば、さほど問題ありませんが、皮膚の表面が荒れたり傷ついていたりすると、摩擦が大きな刺激となっておむつかぶれを悪化させることもあります。お湯に浸したカット綿でやさしく拭いてあげたり、ぬるま湯のシャワーなどで綺麗に洗い流すなどの工夫も必要です。

 
おむつかぶれ
麻疹の症状・赤ちゃん、子供の予防接種!
 
肌が赤みを帯びている時は、汚れた濡れタオルで拭くことで却って悪化させることにつながりますので、脱脂綿に少量のオリーブオイルを含ませて拭いてあげましょう。100%ピュアなオリーブオイルだと、適度な潤いを肌に与えながら、汚れを綺麗に取り除く効果も期待できます。上半身に服を着せたままの「座浴」も自宅でできるホームケアの1つです。

 

小児科・皮膚科を受診することも!

手を尽くしてもなかなか治らないという場合は、小児科や皮膚科の専門医に相談することが大切です。おむつかぶれがひどいケースでは、弱めのステロイド軟膏に抗菌薬の軟膏を混ぜたものが処方されたり、抗炎症作用のある亜鉛華軟膏などが用いられます。

 

また、皮膚のシワの部分にも炎症を起こしている場合は、カンジダ性皮膚炎を発症している可能性があるため、真っ赤な皮膚面を作り、ただれや膿のたまったプツプツ、皮が剥けるなどの症状があれば、早期受診が必要です。治療法は異なりますが、医師の処方による薬なら比較的安心して使用することができます。

Sponsored Link

関連記事

症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)