体の至る所に起こる様々な症状についてわかりやすく説明します。

口の中が乾く、ネバネバする、舌がピリピリ痛む原因は怖い病気も!

口の中 乾く

口の中が乾く、ネバネバする、舌がピリピリ痛む原因は怖い病気も!「口の中が乾く」「ネバネバする」「舌がピリピリ痛む」などの症状があれば、「ドライマウス(口腔乾燥症)」が疑われます。ただし、ドライマウスは病名ではなく、あくまでも「口の中が乾燥する状態」を呼んでいますので、その原因として、背景に「糖尿病」などの怖い病気が潜んでいる場合も十分考えられることです。

 

また、口の中が乾くということは、唾液の分泌量が減っていることを意味し、他にも「喋りにくい」「ものが飲み込みにくい」「味がわかりにくい」など、様々な不快な症状を引き起こします。したがって、決して我慢せず、専門医に相談してみることが大切です。とくに中高年の女性に多い症状といえますので、十分ご注意下さい。

Sponsored Link

 

口の中が乾くとどんな症状が出る?

口の中というのは、常に唾液によって潤いを与えられ、食べ物に水分をもたらすことで軟かくして飲み込むことができています。しかし、慢性的に唾液の量が減ってしまうドライマウスになると、それに伴って下記のような不快な症状が現れてくることが予想されます。
 
ドライマウス
 

・口の中や舌がピリピリする。
・舌の表面がひび割れを起こして痛む。
・唇がヒリヒリする。
・口の中がネバネバすることが増える。
・口が乾燥して喋りにくい。
・パンなどのパサパサした食べ物が飲み込みにくい。
・味がよくわからない味覚障害を起こす。
・虫歯の量が増える。
・歯茎から血が出るなど、歯周病や歯槽膿漏が起こる。
・口臭を自覚するようになる。
・食事の際に多量の水分を摂取するようになる。

 

もともと唾液には、抗菌作用や自浄作用があり、口の中を清潔に保つには欠かすことのできないものです。よって、分泌量そのものが減ってくると、口臭が気になったり、虫歯や歯周病が増えてきます。歯槽膿漏で歯がぐらついたり、立て続けに何本も抜けるような事態に発展することもあります。

 

朝の起床時に口の中がネバネバすることは誰にでも起こる現象ですが、同じよう感覚を朝以外にも感じるようになったら要注意です。いつも以上に歯磨きなどを丁寧に行うことも大切です。
 
歯磨き
 

ドライマウスの原因となる病気は?

ドライマウスになる原因は、必ずしも病気ばかりではありません。加齢によって唾液の分泌量は減りますし、ストレスの多い生活習慣の人や、食べ物をよく噛まない人にも起こります。また、中高年の女性では、女性ホルモンの分泌量が低下することが影響すると考えられており、いわゆる更年期障害の1つとされています。

 

さらに出産後の女性では、一時的にホルモンバランスや自律神経の働きが乱れることで口の中が乾くといった症状を訴える人も多いです。育児ストレスも重なる時期だけに注意しておく必要があります。

 
口の中 乾燥
 
病気が原因となっている場合は、「糖尿病」「甲状腺疾患」「脳の血管障害」「シェーグレン症候群」「腎臓疾患」「鼻の病気」などが挙げられます。糖尿病は全身の臓器に悪影響をもたらし、喉の乾きで多飲多尿になりやすいため、ドライマウスの検査で発見されることも珍しくありません。

 

シェーグレン症候群はあまり聞き慣れない人が多いと思いますが、「膠原病」の一種で、唾液に加え、涙の量も減ってしまう病気です。また、「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」などの鼻の病気を持つ人は、どうしても口呼吸になるため、口の中が乾燥しやすくなっています。

 

その他、精神安定剤、降圧剤などの薬による影響もよくあることです。がんによる放射線治療が原因となることもあります。
 
薬
ドライアイ・ドライマウスの原因はシェーグレン症候群!?
 

口の中が乾くときの対処法は?

もし口の中が乾いた状態や、ネバネバするような感じが長引くようであれば、我慢せずに「口腔乾燥外来」もしくは「ドライマウス外来」などのある大きな病院で見てもらった方が安心です。舌がピリピリする場合は「舌痛症」の疑いもあるため、詳しい検査を受けておきましょう。

 

前述した病気などが原因の場合は治療に専念する必要がありますが、一般的な治療法としては、保湿スプレーやジェル、粘膜を修復する働きを持つうがい薬などが処方されます。

 

もちろんセルフケアも非常に重要となります。ストレスをため込むような生活習慣を改め、食生活において「よく噛む癖」を付けることで唾液の分泌量を増すことも可能です。噛むことで満腹中枢が刺激され、ダイエットやメタボ対策にも有効ですので、ぜひ実践して下さい。

Sponsored Link

関連記事

症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)