体の至る所に起こる様々な症状についてわかりやすく説明します。

カテゴリー:赤ちゃん・子どもの病気

赤ちゃんの咳・夜中に悪化したら急性喉頭炎(クレープ症候群)!

赤ちゃん 咳 夜中

赤ちゃんが風邪をひいてしまうと、鼻水をはじめ、発熱や咳で苦しむこともありますが、夜中に咳がひどくなったり、呼吸がしにくい状態に陥いると「急性喉頭炎(クレープ症候群)」を発症している可能性も出てきます。 元々、咳が出…

詳細を見る

赤ちゃんのおむつかぶれ・赤い発疹やただれを防ぐには?

赤ちゃん おむつかぶれ

赤ちゃんの「おむつかぶれ」は、おむつが接触する部分だけに赤く炎症が起こったり、ブツブツとした発疹ができたりするもの。ただれを起こすと触れるだけでかなり痛がります。さらに悪化してしまうと、真っ赤に腫れ上がったり、ジュクジュクとして、終いにはか…

詳細を見る

夜、子供の咳が止まらない・熱はないなどの症状は百日咳!?

子供 咳が止まらない

「夜、子供の咳が止まらない」という症状は、単なる「風邪」や「アトピー性喘息」などにも見られ、比較的多いものですね。ただし、「ほとんど熱はないのに何故こうも咳が続くのだろう」という場合は、「百日咳」の可能性も不定できません。今では、ワクチンの…

詳細を見る

ロタウイルス感染症の症状・赤ちゃんの下痢、嘔吐に注意!

ロタウイルス 症状

冬から春にかけて流行する「ロタウイルス」は、胃腸炎を起こす原因ウイルスとして知られ、全世界で5歳までの乳幼児のすべてが感染し、「下痢」「嘔吐」の2大症状や「発熱」を伴う「流行性下痢嘔吐症」を引き起こします。 主に、…

詳細を見る

大人のりんご病の症状・頬の発赤、頭痛、発熱、関節痛も!

りんご病 大人

頬が真っ赤になってかゆみが出たり、体や手足にも発疹などの症状が及ぶ「りんご病」は、ウイルスによる感染症の1つで、正式には「伝染性紅斑」といいます。主に幼児期・学童期に発症しやすい病気ですが、大人が罹ると「関節炎」を起こし、強い関節痛に悩まさ…

詳細を見る

子供の耳の下の腫れや痛みはおたふく風邪の可能性大!

耳の下の晴れ 子供

子供の「耳の下の腫れや痛み」は、「流行性耳下腺炎」の典型的な症状です。一般的に「おたふく風邪」と呼ばれるもので、この病気は「ムンプスウイルス」に感染することで発症します。空気感染はありませんが、咳やくしゃみなどによる飛沫感染、または接触感染…

詳細を見る

熱性けいれんの原因と対処・てんかんに移行する非良性も!

熱性けいれん 原因

「熱性けいれん」は生後6ヶ月から5、6歳くらいまでの子どもに特有の症状で、主に38~40度の高熱が出た際に現れる「一過性の全身けいれん」をいいます。その原因については、脳の神経細胞が未成熟な乳幼児が熱を出すと、その熱が刺激となって脳の神経細…

詳細を見る

子どもの急な発熱・原因疾患と対処法、重症度の目安は?

子ども 急な発熱

「子どもの急な発熱」は、お母さんが心配のあまり慌ててしまいがちですが、そんな時こそ重症かどうかを見極めて、冷静に対処することが大切です。乳幼児が急患で受診する際、最も多いのが「発熱」によるものですが、「原因となり得る疾患」や「対処法」、「重…

詳細を見る

麻疹の症状とは? 赤ちゃん・子どもの予防接種は必須!

麻疹 予防接種

「麻疹(はしか)」は、「水疱瘡」や「おたふく風邪」とともに、子どもに多い病気ですが、単に「熱や発疹などの症状が出るだけ」と安易に考えることはできません。とくに1歳児の赤ちゃんが罹りやすいため、重症化して知覚障害などの後遺症が残ったり、もちろ…

詳細を見る

症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)