体の至る所に起こる様々な症状についてわかりやすく説明します。

カテゴリー:消化器症状

ロタウイルス感染症の症状・赤ちゃんの下痢、嘔吐に注意!

ロタウイルス 症状

冬から春にかけて流行する「ロタウイルス」は、胃腸炎を起こす原因ウイルスとして知られ、全世界で5歳までの乳幼児のすべてが感染し、「下痢」「嘔吐」の2大症状や「発熱」を伴う「流行性下痢嘔吐症」を引き起こします。 主に、…

詳細を見る

胃もたれと胸焼けの原因・機能性胃腸症の解消法とは!?

胃もたれ 胸焼け 原因

「胃もたれ」「胸焼け」は、食後に多くの人が経験している症状ですが、実際に医療機関で内視鏡検査を行っても、原因がはっきりしないことが半数以上を占めています。市販の胃腸薬で解消を服用しても、一時的に解消することはできても、慢性的な症状に悩んでい…

詳細を見る

お腹の張りやガスが溜まった感じの原因は呑気症かも!?

お腹の張り ガス

お腹の張りやガスが溜まったような感じがして、憂鬱になったり、不快な思いをしている人はいませんか。それは「呑気症」が原因かもしれません。この病気は、ため息をついた時や食事の際に多量に飲み込んだ空気が、胃や腸に溜まってお腹の張りを訴えるもので、…

詳細を見る

突然の腹痛が起こる原因について・救急車を呼ぶポイントは?

突然の腹痛 原因

「腹痛」は誰にでも起こり得る一般的な症状で、その原因も「食べ過ぎ」や「冷たいもののとり過ぎ」「便秘」「風邪」など様々で、その多くは心配する必要はありません。しかし、突然の腹痛が現れた場合、時に重い病気が原因となっていることも考えられます。 …

詳細を見る

食後の腹痛が起こる原因は慢性胆のう炎の発症も!?

食後の腹痛 原因

食後の腹痛の原因として「慢性胆のう炎」を発症している疑いがあります。この病気は、肝臓に張り付くように存在している胆のうという臓器に慢性の炎症が持続するものです。「急性胆のう炎」では、食後の腹痛(1~2時間後)が疝痛発作として現れ、右の背中や…

詳細を見る

下腹部の張りやガスが溜まった感じ、さらに腰痛があれば!?

下腹部の張りやガスが溜まった感じが続くようであれば、「大腸がん」を疑う必要も出て来ます。さらに腰痛を伴うことも多く、ただの便秘だと楽観視することはできません。大腸がんも他の臓器がんと同様、早期発見するのが非常に困難な病気なので、職場や各市町…

詳細を見る

右上腹部痛の原因が急性胆のう炎という危険性も!?

右上腹部痛の原因として「急性胆のう炎」を発症している疑いがあります。この病気の90~95%は胆のうにできる結石(胆石)によって引き起こされます。胆のうとは、肝臓のすぐ下に張り付くように存在する袋状の臓器で、主な役割は、肝臓内で作られた胆汁を…

詳細を見る

長期間の腹痛・背部痛・軟便は慢性膵炎の症状です!

長期間に渡る「腹痛」「背部痛」「軟便」などの症状があれば、「慢性膵炎」を疑う必要があります。病名だけを見ると「急性膵炎が慢性化したもの」と思われがちですが、基本的に別の病気として捉えられています。急性膵炎は、膵臓が分泌する膵液によって「自己…

詳細を見る

食事の際のつかえ感は食道がんのサインかも!?

食事の際に「つかえ感」や「飲み込みにくさ」を感じたら、「食道がん」を疑う必要があります。がんが進行して大きくなると、食道の内部が圧迫されて食べ物の通り道が狭くなるため、固い肉を食べたり、よく噛まずに飲み込んだ時などに強いつかえ感を感じるよう…

詳細を見る

症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)