体の至る所に起こる様々な症状についてわかりやすく説明します。

目がかすむ原因は白内障という病気かも!?

目がかすむ原因は白内障という病気かも!?目がかすむ原因として「白内障」という病気の可能性があります。これは目の中の水晶体が濁ることでものが見えにくくなる病気で、自覚症状として「目がかすむ」「まぶしい」「疲れ目がなかなか治らない」「飛蚊症」「疲労感」などから始まることが多いです。

 

飛蚊症とは、青空や白い壁、または明るいところを眺めると、蚊が飛んでいるようなものや糸くず状のものが1個から多数見える症状で、健康な人にも起こりますが、急に数が増えたり頻発するようであれば病的と判断されます。

Sponsored Link


 

白内障の一番の原因は「老化」にありますが、加齢性白内障は早い人で40代から始まるとされ、進行すると瞳の瞳孔部分が白く見えて来るのが特徴です。また、先天性のものや他の病気などが原因で発症することもあるため、目に異常を感じたら放置しないで医師に相談することが大切です。

 

老化以外でも目がかすむ!

白内障は、透明であるはずの目の水晶体が白く濁ってしまうことで、目に飛び込んでくる外部からの光が網膜に届きにくくなります。網膜には視細胞があり、光の強さ、形、距離などの情報が視神経を通して脳に運ばれますが、白内障ではこの一連の流れの最初の部分が難しくなっているため、目がかすんだり、ものが見えにくくなっています。これは決して老化だけが原因ではなく、下記のようなタイプがあると考えられています。
 

・先天性白内障
出産を控えた母親が風疹などにかかるなど、何らかの原因で胎児に影響が及ぶことで生まれつき水晶体が濁っている状態。

 

・外傷性白内障
球技などのスポーツをしている時にボールが目を直撃したり、または、事故などで目を激しくぶつけてしまったことで水晶体に異常が出る。

 
・併発白内障
「糖尿病」がきっかけで発症することもあります。また、「アトピー性皮膚炎」によって目のかゆみに我慢できずに掻いてしって発症する場合もあります。その他、「網膜色素変性症」「ぶどう膜炎」など他の目の病気が先立って併発する場合も。

 

・X線性白内障
レントゲンによる放射線が水晶体にダメージを与えることで発症。

 

・ステロイド白内障
関節リウマチなどの膠原病、アトピー性皮膚炎、甲状腺疾患などの治療で、ステロイド剤を長期間服用することにより副作用が目に及ぶケース。
 
目のかすみ 白内障

 

水晶体の濁った部分によっても症状が異なる

白内障は最初のうちは自覚症状がありません。目がかすむ、見えづらくなったという場合はある程度病気が進行しているといえますが、「水晶体のどこが濁っているか」で症状も多少異なります。水晶体の外側の皮質が濁っていると、明かりをまぶしく感じたり、ものが二重に見えたりしますが、初期のうちは視力に問題はありません。

 

次に、水晶体の中心である核が濁って来るケースでは、暗いところでものが見えにくくなります。また、近くのものがよく見えるようになりますが、これは水晶体が硬くなって光の屈折が強くなるためです。

 

また、最も奥の硝子体側の皮質が濁ってしまうと、急激に視力が低下する特徴があります。これは、糖尿病やステロイド剤の副作用などで見られることが多く、もちろん比較的若い人でも起こり得ます。

 

目がかすむ場合は鏡でチェック!

いずれの場合も、進行すると目の前のものが全く確認できなくなったり、明暗程度しか感じられない成熟白内障へ発展します。水晶体は完全に濁った状態です。そのまま放置すると水晶体がドロドロになって緑内障などの合併症を引き起こすこともあるため、そうなる前に1日も早く治療を開始するべきです。目がかすむという場合は、鏡で瞳孔の色をチェックしてみて下さい。

Sponsored Link

関連記事

症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)