体の至る所に起こる様々な症状についてわかりやすく説明します。

急に肩が上がらない状態になり、痛いと感じるようになったら?

急に肩が上がらない状態になり、痛いと感じるようになったら?ある日突然、肩に鋭い痛みが走り、急に肩が上がらない状態になるのが「五十肩」の典型的な発症パターンです。これは加齢によって肩の組織が変性を起こすことによるもので、動かす時のみならず、じっとしていても痛いと感じるようになるものです。

 

正式には「肩関節周囲炎」という病名ですが、メカニズムは「四十肩」と同じものです。また、40~60歳くらいまで発症することがあり、決して五十代だけの病気ではありません。発症直後は、肩関節が激しく痛み、肩を僅かに動かすだけで、腕や手先にまでしびれを感じることもあります。

 

急に肩が上がらない状態になったり、痛いと感じるようになったら、まず年齢と照らし合わせた上で五十肩を疑う必要があります。一般的には左右両方に症状が出ることはまれで、発症後にしばらく患部が腫れて、熱を持つのも特徴とされています。

Sponsored Link

 

安静時にも痛むことも

夜に寝ている時にでも強い痛みが襲ってくることもあるため、不眠に陥る人も珍しくありません。はじめの内は「痛い」という辛さだけが目立ちますが、それが少しずつ治まるようになると、肩の可動域が狭くなり(拘縮という)、腕を後ろに回したり、高く持ち上げるする動きが困難になることがほとんどです。

 

拘縮が進むと肩の筋肉の動きを自らセーブするため、組織の癒着が起こり、ますます可動域が狭くなります。もちろん動かせないというは、血行障害の原因となり、肩こりと同じように患部に酸素や栄養素が供給されなくなるため、筋力自体も低下して、悪循環に陥ることもあります。

 
急に肩が上がらない
五十肩の治療はヒアルロン酸注射も!?

 

1~2ヶ月で安静時の痛みは薄れ、肩が元のように動かせるまでには半年~1年半くらいを要することもあります。

 

急に方が上がらない状態になるのはなぜ?

肩には多くの関節や筋肉が存在し、狭い空間の中に様々な組織が入り組んでいるため、痛みが起こるプロセスは人によって違っている場合も多いのです。その中でも、最も多いとされる原因は、「関節包」や骨同士を結びつける靭帯が柔軟性を失って行くことです。

 

肩甲骨の間に存在する「肩峰下滑液包」や関節包は、肩関節の動きを滑らかにする「滑液」を分泌したり、衝撃を吸収するクッションのような役割を持ちますが、そこが硬くなったり、炎症を起こすことで、急に肩が上がらない状態になります。

 

五十肩は、加齢による組織の変性だけでなく、肩甲骨上神経が圧迫されて起こる障害や自律神経障害、血行不良、ホルモンバランスの変化などにより肩関節に関する組織に変性が起きるのをきっかけとして発症するのではないかと考えられています。

 
急に肩が上がらない
 
五十肩は急に肩が上がらない状態になってから1年半くらいで治癒することがほとんどですが、その間、痛みを恐れて全く動かさなくなると、肩の組織内に癒着が起こり、肩の可動域が狭くなったり、血行障害が起こって、深刻な肩こりに悩まされることも多くなります。

 

これといったきっかけもなく発症するものですが、必ず治る病気なので、整形外科の先生と相談しつつ、最良の治療法を探すことが大切ですね。

Sponsored Link

関連記事

症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)